« 西日本の食卓 | トップページ | 炊飯器猫 »

2010年4月19日 (月)

個性

ヒトと同じように
猫にも性格の違いってものがある。

それは生まれ持った性質なのか
生育過程において形成されるものなのか。
ヒトと同じように、猫の場合も判然としない。

しかしながら、私の手元で育った二例と母の元で育つ二例ではあるが
同じ人物の同じような育て方によって
同じような人格(猫格)が備わっているのは間違いない。

*症例1:ちび(1989年~2004年、Mix雌):飼い主⇒私

幼稚園の頃拾ってきたママ猫から生まれた一番小さな仔猫。
唯一ママ猫の愛らしさと賢さを受け継いだと思われるその猫へ
私は一際熱心に愛情を注いだ。
結果、ちびは夜中トイレに行くのが怖い私が名前を呼ぶと
どこからともなく現れてトイレの中までついてくる、
若しくは、トイレの外で「ここにちゃんといますよ!」と鳴いていてくれる、
そんなちょっと役立つ(?)猫へと成長した。
なお、その生育過程において
幼女の私はいかに厳しい指導に及んだか…言うまでもない。

*症例2:ニーチェ(2009年~、エジプシャンマウ雄):飼い主⇒私

東京で独り暮らすにあたり家族に迎えた、恋焦がれたエジプシャンマウ。
人懐こいが人見知りという微妙な性格として紹介されるエジプだが
ニーチェのママ猫は大の人見知りで私には触らせてくれず。
「これくらい孤独を愛する子だったらお留守番も平気」
と思って息子さんを譲り受けるが
すっとこどっこい、ママとは違い私だけでなく人間誰でも大好き。
実家に帰れば初日から父の膝の上でつまみ食いに高じる。
病院では獣医さんに擦り寄る。
ショーではジャッジさんにゴロゴロと喉を鳴らす。
そんなニーチェの目的は、他ではなくご褒美ごはんである。
故に私は食事に関して非常に厳しく当たっていた。
ヒトの食べ物をなんでも食べるニーチェへの危険は日々増大される一方なので
お仕置きは霧吹きで水かけ、トイレ閉じ込め(後に風呂場閉じ込めへと進化)
などなど、その戦いは熾烈を極めた。
その結果、現在月齢7ヶ月のニーチェは
ひたすら空気の読める良い猫へと成長した。

*症例3:みぃ(19??年~2000年、シャム雌):飼い主⇒母

母が実家で飼っていた丸顔(←たぶん)シャム。
私が生まれてしばらくは生きていたが
母の実家に遊びに行っても誰にも触らせてくれない彼女に
私は遂に触れることなく終わった。
母曰く、彼女は飼いはじめた当初から甘やかし自由に育てた結果
家の中で誰よりも自分が一番偉いと思ってしまい
結果、孤高の女王と化したそうである。

*症例4:ゆず(2009年~、アメリカンショートヘア雌):飼い主⇒母(&父)

父が突然買ってきたアメショの仔猫。
愛らしい顔とは裏腹、ヒトに触られるのを嫌う。
父母はもとより可愛がるばかりで社会性を育てる気はないらしく
自由に食べさせ、自由に遊ばせ、歳離れて生まれた末娘のように可愛がった。
結果、母実家のみぃのごとく、ヒト嫌い猫に成長。
私が実家に帰っても触らせてくれない。
撫でられるのもだっこされるのも嫌い。

これらを踏まえて改めてニーチェを見ると・・・

Seikaku1
撫でてぇ~、なぁ、もっと撫でてぇ~。

異様に人懐こいニーチェ。
どちらかと言えば独り好きの猫と書いてる本が多いけれど
我が家のエジプは膝の上から下ろすとニャンニャン煩い甘えん坊猫。。

Seikaku2
ソコ!ソコ気持ちえぇわぁ~。

故に私は、性格はどちらかと言えば後からついてくるものかなぁ…
と思っています。
猫の思い通りにヒトが動くことが
必ずしも良い結果を生むとは限らないなぁ、と。

これからも負けずに育てます。

*  *  *

さて、ニーチェの兄弟を迎えるとしたら
このブログも「まう」だけの「ログ」ではなくなるのですよね。。

カテゴリの変更はまだしも
ブログタイトルの変更はいかなるものか…



↓ランキングに参加しています!ご協力お願いします!↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 西日本の食卓 | トップページ | 炊飯器猫 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

んー、後からできるだろう個性はありますね、確かに。
実家の子が、後輩にゃんこ来てから性格変わったみたいですし。
エジプは飼い主とか飼い主にちかい感じの人には懐くけど、それ以外は逃げるような気がしますね^^;

ヒトと同じで、生まれた環境と生育環境の両方で違ってくるって私は思いますよ~^^

投稿: たま | 2010年4月19日 (月) 16時13分

おうちや家族の環境は、
確かに影響がありますよね~♪

一方で、生まれながらの性格も
しっかり引き継がれているようです♪
沢庵は、本当に頑固です^^;;

個性を色々観察するのは楽しいですね♪

たれままさんの観察、すばらしいですね~
深い愛情を感じるブログです(^∀^)

投稿: 小杉ねこ | 2010年4月19日 (月) 21時14分

たれままさんと、たれままさんのご両親の愛の注ぎ方が全く正反対なんですね。
そして育ったコも性格に違いが(笑)
なるほど、育て方も性格に反映されるのですね^^
生まれながらの性格、男の子と女の子の違い、育っていく中での環境や経験・・・色々な要素が混ぜ合わさって個性というものが育まれていくのでしょうね。
叱るということがどういうことか、ちゃんと理解しているから甘えてくれるのかもしれません^^
大事に育てないといけないなと、改めて感じました。

投稿: イウ | 2010年4月20日 (火) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299919/34280453

この記事へのトラックバック一覧です: 個性:

« 西日本の食卓 | トップページ | 炊飯器猫 »