« 特等席 | トップページ | 伸びる猫たち »

2011年7月 5日 (火)

猫好きの独り言

あるブロ友さんの記事を読んで共感したので
私も書きたくなりました。
特にニーチェの出生については
ブログ村の同カテゴリの方々がほとんどがご親戚。
今回はこのキャッテリーと里親の関係についてです。

ニーチェは我が家にやってきた翌日、血尿をしました。
1年半一緒に暮らしてわかったことですが
彼は繊細といわれるエジプシャンマウの中でも特に神経質で
環境や周りの変化に敏感で、彼のキャパを越えるとすぐ血尿してしまいます。
お迎え翌日、早速ブリーダーに連絡し病院に連れていきました。
その後は粗相も続き、いまでも気に入らないことがあると
トイレの目の前におしっこしてくださいます。
(これを私は『ハライセしっこ』と命名しました。)

しかし、私はニーチェを手放そうなんて考えたことはただの一度もありません。

生まれたばかりの彼をこの目で見て、触れて
私の家の子になってくれた大事な大事な我が子だからです。


ブログランキング上位の記事を巡っていると
迎えた猫の粗相を取り上げて「不良品」、「客商売」、「ブリーダーもサービス業」などという単語の目立つものがありました。

確かに、生態をお金で買うのですが
私はこの言葉に耐え難い違和感を拭うことができません。

猫を飼うこと=家族として迎えること。
こう考えている方であれば、とても出てこない発想だと思います。

生まれた猫を大量に業者におろす悪徳ブリーダーがいることは確かですが
ニーチェやうたこの故郷をはじめ多くのキャッテリーは
本業で稼いだお金でキャッテリーを運用しているのです。
けっして「客商売」なんかではありません、お金をかけて育てあげ
その中から美しく健康な子を選び
交配させてやっと生まれた子を里子に出すのです。
お友達のあるブリーダーさんは
「ブリーダーやってなかったら余裕で都内一等地にマンション買えたよー」とおっしゃっていました。
それくらい猫が大好きで大好きで
心血注いで生まれてきた子をいただくはずなんです。

これから猫を飼う予定の方がいましたら
今一度、よく考えてほしいと思います。
「商品」と思うのであれば、正規の商品販売ルートで問屋からおろされた
ペットショップで買えば納得されるのではないでしょうか。
ブリーダーから買うのであれば
ブリーダーさんとは親戚関係くらい信用できないと
上で挙げたブログのようなトラブルになると思いますよ(なんでも名誉毀損で裁判沙汰だそうです)。

|

« 特等席 | トップページ | 伸びる猫たち »

よしなしごと」カテゴリの記事

コメント

よく、ブログとかをみてると生体をお金で・・っていうこと事態に嫌悪感を覚える方も、世の中にはいると思いますが、私は表面上だけをさらってそれをどうこういうのは違うと思うんですよね。
ヒト、ネコともに環境によって、どういう条件なら迎えられるかとか、そういうのが違うと思うんですけど、一緒に暮らすと決めた以上は、どうこういうのはさておきで、最期を看取るまでしっかりと一緒に暮らすというのは最低限の勤めだと思ってますよ。

投稿: たま@なっちん | 2011年7月 5日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299919/40671390

この記事へのトラックバック一覧です: 猫好きの独り言:

« 特等席 | トップページ | 伸びる猫たち »